Entries

PRISON BREAK -Season 4- #9~#10

DVDのVol.5。

ストーリーの進み方とは関係なく書いていこう。

まずマイケル。病気が進行してきてやばそう。サラと一緒に病院へ行き診察するも、警官の姿を見て結果聴く前に退散。あとで電話で知らせてもらうが、「明日手術しないと死んじゃう」と。

捕らえられたワイアットは、拷問程度じゃしゃべらない。ドンはサラとワイアットをおしゃべりさせて、その時の会話からパソコン使って都合の良いセリフを作成。これを組織のボスに電話で流し、まんまとボスはだまされる。用が済んだワイアットはマホーンに渡され、強烈な拷問の末、マホーンの奥さんに電話。これで彼女も「恐怖」から解放だ。そしてワイアットは重しをつけられ、海にジャボン。さよなら~。

しかしもう一人のサヨナラも。以前のシリーズでは「こいつ、許せんなぁ」と思ったもんだけど、いつの間にか自己犠牲できるまでになっちゃったのか。っていうか、彼の性格は「自分が死んででも・・・」なんて思わないはずなんだけどなぁ。まあとにかく、そのお陰でScyllaの解読機?に近づきつつあるんだけど、組織はそれ自体を移動しようとしている。間に合うのか?

そうそう、ティーバッグが潜り込んでるGATE社の受付嬢、彼女はなんと政府筋の職員だったようだ。ドンのところに行って「ドジった。でも最後までやる」と宣言。でも彼女の正体を知ろうとするティーバッグが、彼女の履歴書記載の派遣会社に電話すると、なんと出たのはドン・セルフ。って、そんなところで彼の携帯番号書いて残しておくか?んなわけないだろう。

とまあ、相変わらずツッコミどころ満載だけど、面白い。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/65-3e6d3236

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム