Entries

Music再生リスト <2014年9月2週>

<アルバム>

・John McLaughlin/Industrial Zen

2006年5月リリース。Drumsは曲によってDennis ChambersとVinnie Colaiuta。嬉しい。GuitarでEric Johnsonも参加。


・TNT/Intuition
2回目。やっぱり自分にはイマイチというアルバム。多分、どこかQueen風の音が感じられるからかも。


・Honey Cone/Take Me With You


・Honey Cone/Sweet Replies


・The Robert Clay Band/Don't Be Afraid Of The Dark
1988年リリース。全体的に地味な印象。


・Sonny Rollins/Tenor Madness
収録曲は

01. Tenor Madness
02. When Your Lover Has Gone
03. Paul's Pal
04. My Reverie
05. The Most Beautiful Girl In The World


・Stevie Ray Vaughan and Double Trouble/Texas Flood
1983年6月リリースのデビュー盤。お馴染みの曲がいっぱい。この日の朝に聴いたRobert Clayよりも圧倒的にGuitarが自己主張してる。


・Jimi Hendrix/Blues
1994年リリース。タイトル通り、Bluesを集めたもの。


・Chick Corea/Super Trio
2回目だけど、やっぱり印象に残らない。もう聴かないかも。


・Char/Mr. 70's You Set Me Free
2003年11月26日リリース。70年代Rockの香りがプンプン。Funkyな曲もあって、好きな1枚だ。


・Eric Martin/Mr. Vocalist
Mr. BigのVo.、Eric Martinが英語の歌詞で邦楽を歌った曲を集めたもの。徳永英明の企画の二番煎じ的作品。ま、良い曲もある。


・Mr. Big/Mr. Big
1989年6月25日リリースのデビュー盤。今年11月にまた来日するけど、DrummerのPat Torpeyがパーキンソン病で闘病中。ツアーには替わりにMatt Starrが参加。ただ、Patも来日はするらしい。また演奏できるようになって欲しい。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/405-7b3a1300

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム