Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/402-ae39fbe3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Music再生リスト <2014年9月1週 Part 1>

<アルバム>

・Deep Purple/24 Carat Purple

1975年リリース。先週レンタル。クレジットもなく、ちょっとガッカリ。内容はもうお馴染みの曲ばかりだから安心して聴けるけど。


・Thelonious Monk/Miles & Monk At Newport [CD2]
オリジナルは1964年リリース。アナログ盤は持っている。A面が1958年のMiles Davis、4曲。B面が1963年のThelonious Monk、2曲。1994年にCD化されて、[CD1]にMiles Davis、[CD2]にThelonious Monkが収録され、[CD2]には3曲が追加された。なお、[CD1]は『Miles Davis/At Newport 1958』という単独のCDで発売された。今回このCDはレンタルだったんだけど、『At Newport 1958』は持っているので、[CD2]だけ変換。

でもね、Thelonious Monkの使う音って、ちょっと苦手。


・山下達郎/MOONGLOW
1979年10月21日リリース。1981年にアルバムを購入している。今回聴いたのはボーナストラック入りのCDから。Funkyな曲もあるし、大好きな1枚だな。


・Sonny Rollins/Tenor Madness
1956年5月24日録音。当時のMiles Davis Quintetのリズムセクションがバック。さらに、オープニングではJohn Coltraneとのテナーバトル!


・Miles Davis/At Newport 1958
『Miles & Monk At Newport』の[CD1]と同内容のアルバム。1958年7月3日の録音。メンバーが凄いね。

Miles Davis (Trumpet)
Cannonball Adderley (Alto Saxophone)
John Coltrane (Tenor Saxophone)
Bill Evans (Piano)
Paul Chambers (Bass)
Jimmy Cobb (Drums)

でも音が悪い・・・。オープニングなんかはDrumsの音が騒々しくてBassもPianoもほとんど聞こえない。まあ良い条件で録れなかったのかも知れないけど、残念。


・Miles Davis/1958 Miles
1979年、日本編集盤としてリリースされたアルバム。全7曲中5曲は『At Newport 1958』と同じメンバー。その5曲は1958年5月26日の録音。#6が3月4日、#5はなぜか1955年10月26日の録音。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/402-ae39fbe3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。