Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/349-0fac66ed

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Music再生リスト <2014/06/07>

雨の土曜日、出かけるのも鬱陶しいし、昼過ぎから音楽DVD。

<DVD>

・Stevie Ray Vaughan & Double Trouble/One Night In Texas...

これは『Stevie Ray Vaughan/S.R.V.』に付いているDVD。1989年10月10日、PBS-TV music show, "Austin City Limits"でのLive音源。収録時間は短いけど、かなり楽しめる。

1. Introduction
2. May I Have A Talk With You(live)
3. Mary Had A Little Lamb (live)
4. Look At Little Sister(live)
5. Couldn't Stand The Weather (live)
6. Voodoo Chile (Slight Return) (live)

#4だったかな、ソロの途中で弦が切れてしまい、歌に入ってすぐギターを交換。もちろん歌いながらだ。観客も思わず拍手。次の曲の頭ではいつもの愛用のストラトに戻っていた。#5の出だしは最高だな。ここと#6がやはりハイライト。


・宇多田ヒカル/UH1
Stevie Ray Vaughanに続いて、この前再婚したhikkiへのお祝い(ちょっとジェラシー)ということで、懐かしの映像を。1999年12月22日リリースの1st DVD。

1. Automatic
2. Making Of "Movin'on without you"
3. Movin'on without you
4. First Love
5. Making Of "Addicted To You"
6. Addicted To You
7. time will tell

「Automatic」の表情、かわいいなぁ。でも「First Love」でのちょっと切ない感じを見ちゃうと、男としては「守ってあげなきゃ」なんて思っちゃう。ま、経済的にはこっちが守って欲しいくらいだけど(^^;;;。#2でのMakingに出てくる彼女は、まだあどけない、あるいは幼い表情があって、普通の女の子って感じ。このアルバムが超大ヒットしてなかったら彼女の人生も別なものになっていたのかな?


<アルバム>

・宇多田ヒカル/First Love

DVDを見たら、hikkiのデビューアルバムを聴きたくなった。と、今年3月に『15th Anniversary Edition』、『15th Anniversary Deluxe Edition』なんてのが出ているじゃないか!ま、Deluxeの方はさすがにパスだけど、『15th Anniversary Edition』の方は欲しいなぁ。First Love <2014 Remaster> [SHM-CD]とLUV LIVE [DVD]。DVDは1999年4月の1st Live。

ま、とりあえず持っているCDを聴こう。1999年3月10日リリース。日本だけで860万枚以上、全世界(?)で990万枚以上を「出荷」しているっていうから凄い。

01. Automatic -Album Edit-
02. Movin' on without you
03. In My Room
04. First Love
05. 甘いワナ ~Paint It, Black
06. time will tell
07. Never Let Go
08. B&C -Album Version-
09. Another Chance
10. Interlude
11. Give Me A Reason
12. Automatic -Johnny Vicious Remix-

1998年12月9日にデビューシングルが出て、InterFMの「Hikki's Sweet&Sour」も聞くようになり、自分の中でそれまで単独首位をキープしていたSPEEDに一気に追いつき激しいデッドヒートを繰り広げたhikki(^^)。このアルバム、良く聴いたなぁ。でもいちばん好きなのは#06「time will tell」だったりする。


・上田正樹とサウス・トゥ・サウス/この熱い魂を伝えたいんや
1975年9月28日、芦屋のルナ・ホールでのライヴ盤。彼らのことを知ったのは雑誌か何かかなぁ?はっきりとは覚えてないけど、このアナログ盤を1976年2月24日に購入している。彼らのLiveに行ったのもその頃だったかな。2009年にこのCDを中古で入手。

01. オープニング (サウス・トゥ・サウス)
02. ウ・プ・パ・ドゥ
03. 最終電車
04. こわれたコーヒー・カップ
05. ラブ・ミー・テンダー
06. ブレイク・ダウン
07. むかでの錦三
08. わが心のジョージア
09. お前を離さない

上田正樹のVo.はほんとにSoulful。South To Southとしてこれが唯一のアルバムってのが残念でならない。「ウ・プ・パ・ドゥ」、「むかでの錦三」が好きだなぁ。


<映画>

『ブルース・ブラザース2000』

South To Southを聴いたせいで、ブルース・ブラザースを見たくなった。まあ「音楽再生」っていうのと違うかな、とも思うけど、やはりこれは「音楽映画」、ここに入れてもいいだろう。

でも最初の『ブルース・ブラザース』は何度も見ているから、今日は続編の方を。まあどちらもDVDを持っているので。2000となっているけど、公開されたのは1998年。前作の18年後ということで。

相変わらず見た映画の内容をしっかり覚えてないことが多いから、ラストの「バンド合戦」での相手、Louisiana Gator Boysのメンバーの凄いことに改めて驚かされる。こんなメンバー、この前見た『Crossroads Guitar Festival 2013』を越えている。このシーンだけ何度でも見たいね。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/349-0fac66ed

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。