Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/34-51702a78

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

それでもボクはやってない

 

映画の内容を詳しくは知らなくても、これが痴漢冤罪事件の映画であると認識している以上、「彼は犯人じゃない」ということが頭に刷り込まれているわけで、だから警察の取り調べや検察、あるいは交代後の裁判官に反感や憤りを感じつつ見てしまうけど、そういう状況でなかったら、果たして「無罪」と言えるかどうか・・・。

まあそれはともかく、実際に痴漢なんかしてなくても、被害者の勘違い、いい加減な取り調べと捜査(この映画じゃ捜査なんてやってないも同然)によって、主人公が犯罪者に仕立てられてしまったということで、まあ一番悪いのはあの刑事だろうと思う。

被害者は確かに痴漢にあっていたわけで、でも確証もなく「この人」と言ったことで彼女も犯罪者。「疑わしきは罰せず」ということで、物的な証拠が何もない状況で「有罪」を言い渡した裁判官も犯罪者。あくまで映画を見る側の立場から考えると、そういうふうに思う。だってひとりの人生を滅茶苦茶にしたんだから。

しかし満員電車に乗るのって、ある意味で怖いね。こういうことが自分の身に降りかからないという保証はないわけだから。もちろん痴漢行為をするヤツが一番悪いわけで、女性の敵であるばかりじゃなく、無実の男性の敵でもある。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/34-51702a78

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。