Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/235-edbdf65f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Beck, Bogert & Appice/Live

 

Jeff Beckが始めて来日した時のライブ盤。この2枚組には1973年5月18日、19日の大阪厚生年金ホールでのものが収められている。

僕が行ったのは5月14日の武道館。彼らのこのライブ盤については知ってはいたものの、32年間、聴いたことがなかった。恐らく、僕のイメージの中では、このグループの前のJeff Beck Groupが好きだったことと、その後のアルバム「BLOW BY BLOW」や「WIRED」、さらに1978年のStanley Clarkeとのライブが強く残っているからかも知れない。

<Disc 1>

01.Superstition/迷信
02.Lose Myself With You/君に首ったけ
03.Jeff's Boogie
04.Going Down
05.Boogie
06.Morning Dew

<Disc 2>

01.Sweet Sweet Surrender
02.Livin' Alone
03.I'm So Proud
04.Lady
05.Black Cat Moan/黒猫の叫び
06.Why Should I Care
07.Plynth / Shotgun (Medley)

改めて聴いてみると「こんなにすごかったのか!」とビックリする。強力なドラムとベースに支えられ、Beckが弾きまくる。ベース・ソロ、ドラム・ソロもすごい!

実際のセット・リストとは並びが違うけど、これはアナログ時代の「制限」に関係あるんだろうか?

まあそれはそれとして、当時、こんなすごいライブが、なんであまり印象に残らずにいたんだろう?まあ武道館の音の悪さも関係あるだろうし、この2日後にHumble Pieのライブを体験してぶっ飛んじゃったからのような気もする。つまり・・・ちょっと霞んじゃったのかな?

でもこうやって彼らのライブを再び耳にし、感動を新たにできるのはとっても嬉しい。

このCDは「紙ジャケ」「完全生産限定盤」「デジタル・リマスター」ということで、しかもこれまで出ていたCDの価格より1300円くらい安かったし、店頭で見つからなかったのでネットのTowerで購入。買えて良かった~、の1枚である。

       (2005年2月24日に楽天のブログに書いたものを加筆・修正)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/235-edbdf65f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。