Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/226-2a113137

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Yes/Fragile

 

1971年11月にリリースされた彼らの4枚目のアルバム。邦題が「こわれもの」。僕にとっては最初のYesの購入アルバム、ということになる。日本でのYes人気もこの辺りからじゃないかとと思う。Key.にRick Wakemanが加わって制作された最初のアルバムでもある。

購入したのは1972年4月22日。もちろんアナログ/日本盤だ。

01. Roundabout
02. Cans And Brahms
03. We Have Heaven
04. South Side Of The Sky
05. Five Per Cent For Nothing
06. Long Distance Runaround
07. The Fish (Schindleria Praematurus)
08. Mood For A Day
09. Heart Of The Sunrise

アナログではSide-Aが#04まで、それ以降がSide-B。

この時期のメンバーは

Jon Anderson (vo)
Chris Squire (b)
Bill Brufford (dr)
Steve Howe (g)
Rick Wakeman (key)

#01がシングルカットされ大ヒット。恐らく聴くようになったきっかけはその辺りだろう。それまでの「プログレ」のイメージとはちょっと違った音楽だなぁ、という印象を受けたように記憶してる。

#02はブラームスの交響曲第4番第3楽章から。Rick Wakemanの多重録音の曲だ。続く#03もJon Andersonのヴォーカルを多重録音。この2曲は2分以下の小作品だ。

B面最初の#05は40秒ほどの曲。#06と#07はメドレーで繋がっている。#08はSteve Howeのソロ(アコースティック)。そして11分強のラストに続いていく。

それぞれのメンバーをfeatureした曲を配しつつ、#01、#04、#07で攻めてくる構成は、リリースから40年以上経った今でもまったく色褪せない感じだ。だから、何度聴いても飽きることはない。

Roger Deanのジャケットもこのアルバムから。これはやっぱり30cmの大きさの方が良いね。

CDは1988年リリースのものを知人からいただいた。その後、ボーナストラックが2曲入ったバージョンも出ているし、2009年Remaster盤ってのもあるようだから、う~ん、そのうち手に入れようかな。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/226-2a113137

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。