Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/154-1bdd4f74

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

しあわせの隠れ場所(THE BLIND SIDE)

久々に休日が一緒になった家内と、2月27日に公開になったばかりの映画を見に行った。

 

「しあわせの隠れ場所」・・・他に付けようがなかったのかな?まあアメリカン・フットボールを題材にした映画って、日本ではあんまり人気ないみたいだし、仕方ないのかな。実際、観客はまばら。それでも自分の予想よりは平日にしてはいた方かも。

実話を元にしたFootballの映画って感動的なものが多いけど、これもそう。アメリカではアカデミー賞の作品賞にもノミネートされている(発表は日本時間で来週の月曜-3月8日)。

2009年のNFLドラフトでBaltimore Ravensに1位指名されたマイケル・オアー(Michael Oher)と、彼を温かく迎え入れた白人の家族とのストーリー。内容はオフィシャルサイトなどで参照してもらうとして(^^)、ラストだけに限らず、いろいろなシーンに人の優しさ、温かさが描かれていて、何度もジーンと来てしまった。

リー・アンを演じたサンドラ・ブロックはアカデミーでも主演女優賞にノミネートされているし、ゴールデングローブ賞ではすでに主演女優賞を受賞。ラストで実際のリー・アンの写真が出てきたけど、結構似ていて面白かった。

オアーを演じたクイントン・アーロンはこの作品がメジャーデビュー。初めの頃のなんともおどおどした表情がうまい。でも段々素敵な笑顔を見せるようになり、ついには自信みなぎる顔つきに。

監督はジョン・リー・ハンコック。野球を題材にした「オールド・ルーキー」も彼。クリント・イーストウッドの「パーフェクト ワールド」では脚本を手がけているし、この辺りも見てみたくなった。

アメリカンフットボールということで敬遠せず、もっと多くの人に見てもらいたい映画。お薦めです。

下の写真は本物のオアー。


 

 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/154-1bdd4f74

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。