Entries

Simon & Garfunkel/Scarborough Fair~Canticle

1966年にリリースされた彼らの3rdアルバム「Parsley, Sage, Rosemary and Thyme」の冒頭に収録された曲。自分の中ではこの曲は彼らのオリジナルだとずっと思ってきた。が、少し前にBS-TBSの番組「Song To Soul」を見て初めてこれがイギリスの伝承曲だということを知った。お恥ずかしい限り。

この曲を、ポール・サイモンやボブ・ディランに伝えたイギリスのシンガー、マーティン・カーシーも番組に出演し、元になった曲を歌っている。が、本当の「オリジナル」がどういうものだったのかは、はっきりとはしていないようだ。

ボブ・ディランは「北国の少女」(1964)の中で、Scarborough Fairの中の歌詞を一部歌っている。これも初めて知ったこと。まだまだ知らないことが多いなぁ。

ただ、古くから伝わるこの曲を、オリジナルのように感じさせるのは「Canticle/詠唱」の部分なんだろうと思う。Scarborough Fairのメロディーにガーファンクルの歌が絡んで、何度聞いても胸にジーンとくるが、その内容はメッセージ色の濃いものだ。その当時のアメリカの社会情勢を感じさせる。

今年の夏に来日した二人。Liveには行けなかったけど、彼らの作品はすべて「永遠」だろうなぁ。


 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/129-f35ac5dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム