Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/115-ca212bcb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Free/Tons Of Sobs

 

1969年リリースの彼らのデビュー・アルバム。全10曲で、現在はこれにボーナストラックが8曲追加になった盤が一般的なのかな。

「Free Live」で彼らの「初体験」をした自分にとって、お馴染みの#6や#7はちょっと軽い印象も受けるけど、先にこっちを聴いていたらLiveはどんな印象になっていたのかな?

Paul Rodgersの声も若々しいし、Paul Kossoffのギターはこの頃から「全開」。この当時のメンバーの平均年齢は20歳になってなかった。

01. Over The Green Hills (Pt. 1)
02. Worry
03. Walk In My Shadow
04. Wild Indian Woman
05. Goin' Down Slow
06. I'm A Mover
07. Hunter
08. Moonshine
09. Sweet Tooth
10. Over The Green Hills (Pt. 2)

#3や#4のタイプの曲は特に好きだ。#5は思いっきりBlues。

ここからボーナストラック

11. I'm A Mover [BBC Session]
12. Waitin' On You [BBC Session]
13. Guy Stevens Blues [Blues Jam]
14. Moonshine [Alternative Vocal]
15. Sweet Tooth [Early Take and Alternative Lyrics]
16. Visions Of Hell [Unreleased Master Mix]
17. Woman By The Sea [Alternative Version]
18. Over The Green Hills [BBC Session]

これらはこのアルバムの制作時期にやはり残されたものだけど、69年の録音もある。

結構味わい深いアルバムで、噛めば噛むほど・・・のタイプかも知れない。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ardan1956.blog38.fc2.com/tb.php/115-ca212bcb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。