Entries

スポンサーサイト

優駿DVD 2010年8月号

前回よりさらに遅れて8月号レビュー。創刊800号記念企画として「未来に語り継ぎたい不滅の名馬たち The Greatest Horses 100」というのがあり、DVDではBest10の馬たちの代表的レースを収録。誌内で井崎脩五郎氏と須田鷹雄氏の対談「名馬投票の結果をみて、僕たちが感じたところ」の中にもあるけど、「こういう企画では最近の馬の方が有利になってしまう傾向はある」と。でもシンボリルドルフが5位に入っているし、それなりに古い...

優駿DVD 2010年7月号

もう8月号が出てる頃だけど、1ヶ月遅れの7月号レビュー。「サラブレッド・ヒロイン列伝」はスイープトウショウ(父 エンドスウィープ、母 タバサトウショウ)。勝ったレースを見ると、大外からの凄い追い込みってパターンがほとんど。これは決まると気持ちが良い。このDVD見るまで知らなかったけど、デビューの新馬戦からそういう勝ち方だったんだ。桜花賞5着、オークス2着。3歳秋はローズS3着のあと、秋華賞を勝ってついに...

合掌・・・オグリキャップ

3日、記憶に残る名馬オグリキャップが亡くなった。25歳だった。放牧中に右後ろ脚を骨折した影響、とのことだ。一般公開中のパドックで転倒、と書いてあるけど・・・。 キャップの引退レース、今は亡き大川さんが実況中に珍しく、「ライアン!ライアン!」と声を出したシーンが思い出される。あの日は確か中山に行ってた記憶が。メジロアルダンも出ていて、10着だった。 骨折で、というのがかわいそうな最期だけど、これだけ愛さ...

優駿DVD 2010年6月号

日本ダービープレビュー、ということで、DVDにも参考レース集が収められていたけど、雑誌自体ダービー後に購入。見たのも最近なので「参考」にはならず(^^;;;。でもレース後にこういうのを見るのも別な意味で面白いものだ。さらに、「ナカノコール」で有名な1990年のダービーも収録。アイネスフウジンが勝ったレースだ。まあこれも優駿本体の記事を読んでこそ面白いわけで、単独でこれだけ見たら「ああ、あれね」で終わっちゃう。...

第60回安田記念

昨日の安田記念、出走馬さえチェックしてない状態だったけど、リアルタイムでは携帯のワンセグ観戦。1日遅れでテレビで観戦。優勝したのは後藤騎手のショウワモダン。先週の日本ダービーは惜しい2着で悔しい思いをしていたようだけど、それを教訓にして今週は見事勝利。2度目の安田記念制覇となった。彼自身これでJRAのG1は4勝目。もうちょっと勝っていてもいいと思うんだけど。がんばれ!   ...

第71回オークス

いやぁビックリ。G1史上初の同着優勝とは!蛯正のアパパネと横典のサンテミリオンのゴール前は凄かった。まさにデッドヒート。ただ、テレビで見た感じではサンテミリオンが勝ったように感じた。カメラアングルのせいだね。番組内では最後が切れちゃったけど、二人揃っての勝利ジョッキーインタビューが微笑ましかった。   ...

優駿DVD 2010年5月号

この前の日曜(16日)のG1はヴィクトリアマイル。優勝したのはブエナビスタ。彼女の前走はドバイでの「シーマクラシック」だったんだけど、その映像が5月号に収録されている。レースは初めて見たけど、凄い追い込みで、惜しい2着。勝たせてあげたかったなぁ。「サラブレッド・ヒロイン列伝」はダンスインザムード。デビューから4連勝で桜花賞制覇(2004年)。しかしその後はなかなか勝てず、2年後の第1回ヴィクトリアマイルでよ...

優駿DVD 2010年4月号

いつの頃からか優駿にDVDが付くようになり、それを知ってからまた定期的に毎月購入するようになった。ただ、雑誌そのものもパラパラっとしか読まないし、DVDもじっくり見ることもなかった。あくまでDVDは保存用。でもこれではちょっと寂しいので、なるべく興味あるページや、DVDも見るようにしようと思った。今月のDVDは「サラブレッド・ヒロイン列伝」として、ベガが特集されている。ベガはトニービンの初年度産駒...

第50回宝塚記念

「私の夢」がいない現在のJRAでは、あまり面白みのない今年の宝塚記念。見るだけにしようと思ってたけど、直前でちょこっとだけ買ってしまった。◎アルナスライン○ディープスカイこの2頭の馬単裏表。◎→○の方に期待して。でも昨日は「ドリームレースだからドリームジャーニーかな」って単純に思っていたのも事実。ディープスカイはなんとなくまた2着のような気がして。でも、父アグネスタキオンが急性心不全で22日に亡くなっていた...

第59回安田記念

ウォッカ強すぎ!豊くんは完全にウォッカに救われたなぁ。直線向いて出るところがない豊くん。相当焦ってたんじゃないだろうか。外にもち出した時もすんなりって感じじゃなかった。でも前が開いた途端、ロケット花火のように吹っ飛んで行き、先に抜け出し先頭に立っていた元相棒・四位くん騎乗のディープスカイをあっという間に抜き去り優勝。凄い勝ち方だ。参った。3着に人気薄ファリダット。先週ダービージョッキーに加わった横...

第76回日本ダービー

皐月賞馬アンライバルドが抜けた1番人気、ってのが理解できなかった。2番人気は皐月賞で初黒星、しかも大敗してしまったロジユニヴァース。7倍台ってのは評価が低すぎだろうと思ってた。同枠には青葉賞を勝ったアプレザンレーヴ。1枠中心がかなり堅そう。しかしPAT口座には先週の返還分しかなく、1点買いで行くしかない感じ。いろいろ選べないから、やはり堅そうな枠ということで、豊くんのリーチザクラウンと祐一くんのセイ...

第70回オークス

昨日のオークス、わずかなジャパンネット銀行の残高で久々に購入。まあブエナビスタに逆らうこともないだろうと2着探し。当然のことながら人気馬を買ってもプラスにならないから、ある程度は穴狙いも仕方ない。そんなわけで4番人気以下の馬との組合せ。後藤君のダノンベルベール、オークス男祐一のジェルミナル、あとは父アグネスタキオンの馬を中心に。レースは、アンカツにしては下手な乗り方したかも・・・という感じ。それで...

第4回ヴィクトリアマイル

昨日は知人の「手伝い」もあって、買うどころか生放送も見ることができず、録画観戦。でも興味はあくまでウォッカが勝てるかどうかだった。ダイワスカーレットが引退し、もはや牝馬に敵なし・・・とは思うものの、海外での成績から調子に疑問もあった。でも終わってみれば7馬身差の圧勝。もう桁違いの強さだった。あの強さなのになんでドバイでは駄目なのか?離された2着には生野賢一騎乗のブラボーデイジー。生野賢一騎手ってG1...

第14回NHKマイルカップ

5月号の優駿・ジョッキー対談に登場していたのが藤岡兄弟。その中ではまだ「減量特典」なんて言葉が出ていた弟の康太。兄・佑介はすでに通算300勝を超え、関西リーディングでも10位以内に入っている。そんな兄がまだ果たしていないG1勝利を、弟はあっさり手に入れてしまったから、佑介は複雑な心境かも。康太騎乗のジョーカプチーノは10番人気。思い切り逃げたゲットフルマークスから少し下がった2番手。でも後続の集団はさらに...

第139回天皇賞(春)

一昨日5月3日の京都メイン。5月施行の春天ってまだピンとこない。例によって「見るだけ」のレース。普通買わないでいると予想は当たるものだけど、見るだけでも当たらない(^^;;;。買っていたら武豊のモンテクリスエス中心だったと思うけど・・・。結果は12番人気松岡騎手のマイネルキッツが優勝。2着がアルナスラインで、日経賞の1、2着(着順は逆転だけど)。3着はドリームジャーニーで、3連単は22万だって。1~3番人気...

Appendix

プロフィール

ardan1956

Author:ardan1956
いらっしゃいませ!

Since May 2009

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。